« 世界バレー裏話 | トップページ | 意識 »

2006年11月18日 (土)

2006 FIVB World Championship Japan for women 終了

昨日で、女子大会が終了しました…

お疲れさまでした~!

今回ばかりは自分をほめてあげたい!
ミスジャッジはしたけどね、決勝戦で orz
しっかり実況されてたし (T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

しかし、まさか二日連続でハイアット・リージェンシーの世界バレーワーキングルームに向かうことになるとは思いもしなかった。。
15日の日本戦終了後、すでに翌日…つまり16日…の割当が決まっていたらしく、すぐにホテルに向かって作業開始…だったんですが…。

Referee Delegate メンバーがホテルに帰ってこない。
(ちなみに、日本戦の終了が9時頃。ホテルに着いたのが9時45分頃)

この人たちがいないと、せっかく書類作っても帰れないっつーの。
何故か?というと、作成した書類にサインをもらわなければならないためっす。

じゃぁ、Referee Delegateメンバーはどこにいたのか?

FIVBアコスタ会長とCC(Control Comitee)メンバー全員+International Referee 全員で会食中でした。

日本戦おわってから、会食…(どこで何食べてたのかも聞きましたが…まぁここでは伏せておきます)どう考えても10時スタートの2時間ですよね?と思っていたら、見事にハイアット・リージェンシーの世界バレーワーキングルームに彼らが戻ってきたのが0時過ぎ…。

しかも、ただの酔っぱらい外人集団です。

もぅ、国内のメンバーは半分あきれてました…。
結局、確認作業を終えて(当然終電はありません)、帰宅したのがAM1:30…
AM7:30頃に起床して、9時には中央だったので、死にそうでした。

そりゃ、ライン判定も間違えるで。( ̄~ ̄;

そういえば裏話…。

15日、日本戦開始前にWaTがエンターテイメント…つまりミニコンサート…を行ったのですが、これが始まるときに、入場口を完全に締め切ったらしいです。
つまりは…WaT開始直前に入場しようとした人は入場できなかったらしい(一時的にですが)。このことについて、大阪協会にものすごいクレームが来たそうですが…

エンターテイメントを仕切っているのはTBSです。

僕もこの話を聞いたときには、入場ぐらいさせたれよ!と思いました。アリーナにしても、スタンド席にしても、入場させることぐらいできたはず!
まぁ、確かにチケットなどにこの入場制限が行われることが書かれていないというのも問題だと思いますが…その辺はJVAがホームページに掲載するとかするべきですよね!

WaTミニコンサートのリハーサル後に、コート上の清掃もしないし、まさにふざけるな連発のTBSでした。だって、コート上に音玉(BB弾ぐらいの小さな玉)が転がってたんですよ?確かに隅の方でしたが、全部片づけておくべきですよね?どう考えたって。

汚したら掃除なんて、そんなの小学生でもわかるっちゅーねん(`_´)
なんでLJしながらゴミ拾いせなあかんねん!!

選手が最高の環境でプレーをするための演出が、選手をけがさせる元を作ってどうするのTBSさん?って感じです。

もうちょっと注意して欲しいなぁ~。4年後も女子の世界選手権はやるらしいですしね。

ただ、MVPを選出する際に、1位~4位チームからの選出を希望していたことだけが、TBSの唯一の救いかな(ってこれも完全に裏話じゃん!)。


ちなみに、竹下選手がMVPだと決めたのはFIVBであり、TBSは最初反対していたそうです(結局丸め込まれたようですが…)。
FIVBのアコスタ会長は、竹下選手を有能なプレーヤーとしてものすごく評価しているようです。だからこそ、今回のMVPとなったようですが…でも優勝したのはロシアですし、どう考えてもロシアからMVPが出るのが普通です(本当に記者投票したのか?って感じ)。
どんな団体スポーツでも、優勝チームからMVPが出るのが普通で、そうでない事はほとんどあり得ないですよね。今回だって、個人的には、ロシアのガモワ、シャチコワ、ゴーディナあたりがMVPだと思ってました(それが、日本戦始まる前に、竹下選手にMVPがどうこうという話が聞こえてきましたしね…)。

じゃぁ、批判を受けないためにはどうすれば良かったのか?
FIVBに提案したいのは(もしかしたらあるかもしれないけど)、サッカー同様に年間最優秀選手を選出するようにすればいいのではないだろうか。
そうすれば、実際にその人が所属しているクラブ、ないしは国が活躍しなかったとしても、印象深いプレーをするような人が(今回であれば竹下選手のような…ね)、年間最優秀選手に選出し、大会ごとには、優勝国からMVPが出れば(つーか正式な記者投票か?)、大きな批判は受けなかっただろうね。

ちなみに、バレーボールの場合、MVP以外はVISからのデータを元に、個人賞を決めているので、そこは公正ではないかと思う。MVPっていったいどうやって決めてるんだろね?

まぁ、いろいろと思うことはありますが…
とりあえず大阪大会が無事に終わって何よりです。
激、疲れましたが…。

来年はWGPとWorld CUP どっちもフジテレビだ…。

|

« 世界バレー裏話 | トップページ | 意識 »

コメント

いつもこのブログ楽しみにしています。
そして、お疲れ様でした!
今朝の中日新聞朝刊でも共同通信の記者さんの記事として、「なぜシャチコワじゃない?TV依存のバレー界」みたいに書かれていました。
しかし、ntさんの話ではTBSが率先して選んだわけではないと言うことが分かり、ちょっと安心しました。
ま、会場DJとかコンサートとか気に入らない点はいっぱいあるわけですが^_^;

余談ですが、今年からVリーグの名称変更があるんですね。
久々にJVAのHP見て、今日初めて知りました。

投稿: lasttrain | 2006年11月18日 (土) 05時38分

お疲れ様でした。でもまたすぐ、プレミアリーグ(慣れないので変です)が開幕するのでお忙しいのでしょうね。お体気をつけて頑張って下さい。

投稿: いのブー | 2006年11月18日 (土) 08時11分

ロシア対ブラジル戦のジャッジですか。何番担当だったんですか。

投稿: いのブー | 2006年11月18日 (土) 08時21分

お疲れ様でした。もあです。
ゴミ拾いしているntさんの姿はしっかりと目に焼き付けました(笑)

あのクレームの件で会場は10時半くらいまで居残りでしたよ。私はちゃんとチケットで入ったのにな~。。。
アリーナの入口を閉じたのはいいんですが、時間より早く規制したんですよね…。警備員もよくわかってなくて。

いずれにせよ、私はWaT見れませんでした。

投稿: もあ。 | 2006年11月20日 (月) 03時41分

> lasttrain さん
唯一TBSが抵抗したな、と感じた出来事でした。
確かに、過剰演出など、いろいろと気になる点はあります。日本に不利な判定?があれば、それを何度もリプレイするなど、そこまで審判をバカにしたいのか?と言いたくなるぐらいの過剰演出でした。

次のVリーグ改めプレミアリーグでは、そういったことが無ければいいんですがね…。

投稿: nt | 2006年11月21日 (火) 00時30分

> いのブーさん
年が明けたら、いきなりプレミアリーグ開幕です。
いきなりの3連戦、どうなることやら…といった感じですね。
決勝のロシア - ブラジル戦では1番担当でした(今回は、準決勝のブラジル - セルビア・モンテネグロ戦以外は、すべて1番でした)。

投稿: nt | 2006年11月21日 (火) 00時35分

> もあ さん
オランダ戦の時は、かなりゴミが落ちてましたからね~(笑)。隙を見て、かなり拾いました。
確かに、エンターテイメントが始まる時の、選手やWaTの待ち位置を考えると、入場規制が必要になってしまうような体育館の構造になっていますが…。
OVAには抗議の電話が殺到していたとのこと…。でも警備に指示を出すなど、元を正せばTBSの演出に問題があったのかなぁ~という気もします。

今の男子でも、同じようなことが起きてるのでしょうかね。

投稿: nt | 2006年11月21日 (火) 00時42分

1番ですね。今からドガッチのダイジェスト版見てきますね。プレミアリーグも頑張ってください。(^◇^)

投稿: いのブー | 2006年11月21日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108652/12725711

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 FIVB World Championship Japan for women 終了:

» 世界バレーMVP選出の真相 [suis annex weBLOG]
この件については、各方面から予想通りの大反響・非難轟々の嵐だが、昔からバレーを見続けている「変人」としては、「またか、、、」と思うだけのことだ。 しかも、この件がTBS主導で行われたこと、と思われる方も多いだろうが、昔からバレーを見続けている「変人」としては、むしろJVA日本バレー協会及び、そのJVAの資金に「おんぶに抱っこ」のFIVB主導だろうことはうすうす予想が付いた。 blockquoteい... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 14時02分

» 世界バレー 女子、最悪の幕切れ [ベリーロールな日々]
 いやー、ここまでやってしまったか。竹下MVP…。ファンを馬鹿にするのもいい加減にしてほしい。「ほうら、あなたたちの竹下さんがMVPですよ~うれしいでしょう?」とでも言いたげな露骨な選考。どんなスポーツでも、MVPは優勝したチームの中の最優秀選手に贈るのが常識だろう。6位の日本からMVPを出すということは、「日本は最優秀選手を抱えながら優勝できなかった」あるいは「(たまたま)優勝したチームを含む上位チームにはたいした選手がいなかった」という非常にネガティブなメッセージを意味する。他国の選手にしてみれ... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 06時33分

« 世界バレー裏話 | トップページ | 意識 »